夫・ふたりの倅とモノトーンの家に住んでます。毎日の暮らしをちょっとずつ‥。


by hige_miho

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

前回からだいぶ日が経ってしまったな。。

いつものことか〜 

ほほほほほ。。




思い起こせば

小さい命に気づいたのは

今年の3月だったな。






次男坊のときとは違って

今回は予定されていた帝王切開。



ムスメに会える喜びは一入。

でも、経験者であるだけに正直怖かった。。



それでも

家族や友達のおかげで

穏やかにこの時を迎えられたと思います。

有り難うございます。




初めて

取り上げられたお嬢さんを見たとき

あまりに長男坊とそっくりで

感動ももちろんあったけど

私一人大爆笑してしまって。

執刀医や看護師さんを驚かせマシた。








ほんまね。

体ってうまくできてるもんなんだな、と。。




自然分娩では

狭い産道を通ることで

赤さんの肺が圧迫されて

肺の水が排出されるんだけど

ムスメはそれができなかった。

そのせいもあって

呼吸が上手にできなくて

やっぱり入院になる。



陣痛はめちゃくちゃ痛い。

でも、産道が狭いのにも

ちゃんと理由があるんやね。






翌日、傷が痛くて会いに行けない私に

NICUの看護師さんがお嬢さんの写真を持ってきてくれた。



自分のタイミングじゃなくて

急にお外に出されたもんだから

顔もむくんでるし

予想以上に鼻や口に機械もつけられてた。

嫌なんやろうなぁ、泣いてばっかりだって。

泣きつかれて

保育器の中

ひとり寝てるんやろうなぁ。

申し訳ないなぁ。

抱っこもしてあげられないから

可哀想やなぁと涙が止まらず

看護師さんを今度は困らせた。





そして、やっぱり切腹は痛かった。

でも、動かなければムスメに会えないし

痛み止めをできる限りもらいつつ

リハビリ頑張る。


日頃、痛みもなく自由に動けることの

有り難さを噛みしめる。



私が会いに行くことができるようになった頃には

ムスメも機械がとれてて

いつもスヤスヤ気持ちよさそうに寝てた。

一番にお腹がすいたと泣き

一番にいつもミルクをもらっていた。






人間の体って

これまた、つくづくうまくできてると思うけど

1週間で

ホッチキスでとめた

傷口がちゃんとひっつくんだね。

ほんまスゴイわ。




おかげさまで

ふたり一緒に退院させてもらいました。





体験者としては

帝王切開でもなんでも

手術したらば

予防的に痛み止めはバンバンもらった方がいい!

それでも確かに痛いけど

前回の痛みよりはマシだった気がする。






で、気がつけば

あれから3ヶ月がはや過ぎ。。



お嬢さんはといいますと

おっぱい吸うのが下手(泣)。



最初の頃、痛過ぎて

1〜3時間毎の授乳が憂鬱だったもん。



今は私のおっぱいの方が鍛えられたんだろう。

でも、おっぱい保護クリームは欠かせないけど。




肛門も緩過ぎて

頻回にお通じ。



可哀想に

お尻の皮膚トラブルが治らない。

おむつ代も。。(泣)




3人目の余裕もあってか

どれだけ泣かれても可愛い!

おっぱい痛くても可愛い!

ウンチされても可愛い!

何でも来いって感じ。




あと、まとまって寝てくれる!

夜なんか6時間も寝てくれる!

信じられない!


長男坊のときは

1時間でも寝てくれたら

万歳三唱してたのに。



メリーつけてたら

ひとりで寝てくれることもある!

ほんま信じられない!

毎回、拝んでます。





お風呂は大変やね。

お嬢さんは昼間のあったかい時間に入ってもらって。

お嬢さんがタイミングよく寝てくれないと

夜、私ひとりで倅達をお風呂に入れられないので

それだけが気を揉むかな。

なかなか倅達をお風呂に入れてあげられなかったり

3人でお風呂入ってる間に

お嬢さんが号泣してたり。

腰が据わって座れるようになると

4人で一緒に入れるかな〜。。




とまぁ、色々あるけど

焦ったところでしんどいだけやし

楽しんでいかんと!




私の人生設計には

「三児の母」は想定外だったけど

いよいよ始まったね〜。



この子達との出会いも

ほんま奇跡的なことの連続。

何かの御縁。

学ぶことが多いです。





長くなりました。

いつも見守ってくださって有り難うございます!

来年も、どうぞよろしくお願いします!



d0300064_61442.jpg

[PR]
by hige_miho | 2014-12-09 01:40 | こども