夫・ふたりの倅とモノトーンの家に住んでます。毎日の暮らしをちょっとずつ‥。


by hige_miho

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長男坊 2

「長男坊 1」から
だいぶ日が経ってしまったな。。




子供達が保育園から帰ってくると
連絡帳には色んなプリントがはさまれている。

小学校や中学校とかに比べたら
其の数、まだまだ序の口なのかも知れないけど。



そのひとつに
市の事業で
キッズ運動塾のお知らせがあった。

今住んでるところには
体操教室みたいな施設が近くにないし
いい機会かな〜と。

このイベントの目的も
走ったり、飛んだり
ボールを投げたり
運動することがもっと好きになってもらえるように、とあるし。

大阪から
専門家が来てくれるみたいだし。

決してお安い受講料ではないけど
土曜日の午前中は潰れるけど
ものは試し♪




そのプリントの注意事項に

指導中は
子供達が教室に集中できるよう
子供に近寄ったり
話しかけたりしないでください。
親は、体育館2階の
観客席から見守ってください。

とある。
ふむふむ。




長男坊に
「運動するの好き?」
『うん。』

「知らない子ばっかだと思うけど
走ったり、ボール投げたり
みんなとしてみる?」
『うん。』

お。。
意外といい反応ではないか。。

では、申し込んでみよう。




初日 1回/8回

責任者やコーチのご挨拶が済んで
決められていたように
他の保護者さん達と
体育館の2階へ上がろうとすると
『もう、帰りたい〜〜〜。』と泣き出し
離れない。

どうして帰りたいのか理由を聞くと
僕は上手にできないから、と。

まだ、やってもいないし
別に上手にできなくてもいいし
コーチやみんなと一緒に運動楽しんできたら?
って言っても
『帰る帰る。』って泣き続けて
側を離れない。

まだ長男坊にとっては
早かったのかな〜
不安が大きいのかな〜とも思いつつ
体育館の隅っこから
二人肩並べて
みんなの様子を見学させてもらうことになる。


長男坊みたいに
みんなと一緒に参加できない子は
他にも数人。

必至に
みんなの輪の中に入れようとされてる親もいらっしゃるが
なかなかうまくいかないよね。

気持ちは重々わかります。。




見てるだけもつまらないし
何よりもったいないので
妊娠8ヶ月に入っていたけど
コーチが指導されている
できそうな動きをやってみる。





d0300064_14123791.jpg

見もしない(怒)。



懲りずに、楽しそうに続けてやってみる。



ママ、何やってるん?
てな顔で
ふてくされ長男坊が横目で見る。



d0300064_14110798.jpg




「あれ、コーチ
竹の子のポーズってどうするって言ってたっけ?」

なーんて、とぼけてみる。


しょうがねぇな〜みたいな表情で
隣に立って教えてくれる。




結局、初日は
体育館の隅っこで
二人
コーチのおっしゃることを
真似してみただけ。

みんなのように
体育館を縦横無尽に
走ったり踊ったりすることはできなかったけど
ま、いっか〜。

疲れた〜〜〜。




2回/8回

2回め




。。も、同じことだった。

帰る帰る。
側にいて。
2階に上がらないで。


市のスタッフの方が
みんなの輪の中に
何回か長男坊を入れようとしてくれたが

隙をみては
私のところに帰ってくる。


で、
また隅っこで
二人で
走る練習や
飛ぶ練習をしてみる。

私も妊婦してなかったら
運動好きだし
模範的な動きができたんだろうけど。。


長男坊のように
みんなと一緒にできない子が減っていく。

正直。。焦る。。



体育館の端から端まで
これまでのコーチのアドバイスを活かして
走ってみようかというときに
今日最後の練習だからと
市のスタッフの方が
上手に促してくれて
初めて
長男坊がみんなの列に並んでくれた。

泣きそうだった。



走ってくれた。
しかも一生懸命。
コーチがアドバイスしてたみたいにできてたからって
コーチも長男坊の頭たたいて褒めてくれた。
舌を出して、照れた様子で
嬉しそうだった。

泣いた。




3回/8回



家を出る前から
『楽しくない。
もう行きたくない。』
と愚図る。

「最後だけだったけど
こないだみんなと一緒に走ってくれて
私すっごく嬉しかったな〜。
コーチの言うように
長男坊が走るようになって
めちゃくちゃ走るの早くなったよね〜。」
なんてワッショイしてみたら
行く気になってくれて。
でも、私が体育館の2階には上がらないっていう条件付き。

コーチに断り
体育館の隅っこで見学させて頂く。
運動を楽しんでもらうことが目的だからと
長男坊のしたいようにしてくださいと。
すいません。。


今日も二人で隅っこ体操教室か〜
と諦めていたら

中盤、走る練習から
自らみんなと一緒に列に並んで
走ってくれた!

ほんとに感動しちゃった。

走ったあとは
また、私の側にきたけど
『コーチのおかげで
走るの早くなった。』
って、嬉しそうに言ってくれた。

「良かったね〜
カッコいいな〜。」
って、声かけたら
また、みんなのいる方へ
ひとり走ってく。

信じられないと
目を疑った。

まだまだちっちゃい背中が
ちょっと大きくなったように感じた。

あ〜〜〜ん
嬉しい〜♡



もう、それからは
ずっとみんなと一緒に
運動を楽しんでくれてる様子だった。

みんなと手をつないで輪になったり
走ったり、飛んだり
ボール投げたり。

以前よりも
コツを教えてもらったことで
それらが上手にできるようになって
長男坊も嬉しそう。


正直、こんなに行くのを嫌がるならと
運動塾を止めさせようとも思ったけど
止めさせなくてよかったな。。



4回/8回


初日の長男坊からは
想像もつかないことだが

始めっから
みんなの輪の中に入れるようになった。



d0300064_14012684.jpg



背番号10が言うことには
『まだ、2階には上がらないで。
でも、最初っから
みんなと運動してくるから。』って。

ハイハイ♪
どーぞどーぞ楽しんできてください♪



あと、3回しかないけど
私が2階に上がれる日はくるのかな。。

ま、何より
長男坊が楽しそうに
続けて通ってくれるだけでいいのです。



体育館を後にする長男坊。
いい表情でしょ?



d0300064_15544110.jpg











[PR]
by hige_miho | 2014-07-31 16:01 | こども

長男坊 1


長男坊の七夕の短冊の一つ

「お兄ちゃんがほしい」

。。。




飾ってあったの見て
「どーして?」って尋ねたら
「色んなこと教えてくれるから。」だって。

長男坊が出会ったお兄ちゃんは
長男坊に色んなこと教えてくれたんだな〜

これからいっぱい
お兄ちゃんに出会えると思うけど
一緒に暮らすのは難しいな。。

ん〜。。




先日も
ソファーでくつろぐ私に
徐ろに寄ってきたかと思えば
「もうすぐにこにこちゃんに会えるね。」って。

「にこにこちゃん???
って、誰?」って尋ねると
「ママのお腹の赤ちゃんのことだよ。」って言うなり
ってってけて〜♪とウッドデッキへ駆けていく。

そうか。
アナタはにこにこちゃんって言うんですか
と、お腹さすってみる。

お知り合いに
ニコちゃんっていうお名前のお嬢ちゃん
いらっしゃるからな。。

ん〜。。

てか、そろそろ本気で名前考えていかないと!



たくさん話せるようになって
長男坊がかなり面白い。
彼なりに色々感じて考えてくれてるんだな。。






この数カ月で
彼が成長した出来事があって。

それは次回に。






写真は
アナと雪の女王を熱唱中の彼。


d0300064_04295166.jpg



しかも、保育園へ行く前の
せわしない時間に。。



[PR]
by hige_miho | 2014-07-11 04:41 | こども