夫・ふたりの倅とモノトーンの家に住んでます。毎日の暮らしをちょっとずつ‥。


by hige_miho

発達が遅れてるのかもしれない、と言われた。

わかってはいたものの
ショックは隠せず。



穏やかな日。
いつものように、あぐら組んで新聞読んでたら
あ〜。。こら破水だなぁって
一応、保健師なのでわかって。
まだ、34週なのになぁ。。

一般的に、35週に入らないと
赤ちゃんの呼吸器管が成熟していないといわれる。

破水して
出てくる羊水は透明のはずなのに
血の色がどんどん濃く
量もどんどん増えていく。

こらあかんとクリニック受診。

やっぱり破水と診断される。

痛みも無い前期破水。
定期健診でも異常なし続きで
勝手に満期産で自然分娩だろうと思っていた。

破水が起こったら必ず24時間以内に出産になる。
ほんと身体はよくできていて
破水が起こると陣痛が始まる。
羊水からの感染の恐れがあるから
抗生剤を飲まなきゃいけないし。

もう出産?
突然のことで涙が頬を伝う。

ここでは対応できないからと日赤に送られる。

できるだけ赤ちゃんがお腹にいた方がいいからと
ウテメリンの点滴が始まる。

どんどん出血量は増えていく。
血なんて見慣れている私でも
さすがに怖くなるほどの量である。

赤ちゃんを守るはずの羊水がどんどん減ってく。
赤ちゃん苦しいだろうなぁ。。



満期産で自然分娩でも数日は入院するから
私にべったり甘えん坊の長男坊が
私がいなくても大丈夫なように
週末、パパと母屋でお泊まり練習をする予定だった。
何も事情を話せないまま
長男坊とも会えなくなって。

どうしているかなぁ。
泣いてないかなぁ。



お母さん
みんなみんな
迷惑かけてごめんね。。



35週と0日になった時間に
促進剤に点滴を切り替えて自然分娩にするか
帝王切開か選んでくださいと言われた。

異常過ぎる出血。
自然分娩でも帝王切開になる可能性もある。
だったら最初から帝王切開。。でも怖い。。怖い!
看護師として、産婦人科病棟にも勤務していたことがあるのに情けない。。
やっぱり怖い。。でも、やるなら早い方がいい。

手術室に向かう間に
移動しながら、主人は手術の同意書にたくさんサインしてた。
仕事先から来てくれたんだよね。
ごめんね。。有り難う。。



局所麻酔。。痛い。。
失敗かぁ。。やっぱり痛い。。
でも、赤ちゃんの方がしんどいはず。

息が苦しい。
意識が遠のく。
名前を呼ばれる。
血圧が下がったらしい。

モニターの赤ちゃんの心音に集中する。



赤ちゃんの泣き声がする!!!
2500グラムぎりぎりあるって!

皆さんに有り難うって言いたいのに
うまく言葉にならない。
ほんとに感謝の気持ちで
胸が熱くはちきれそう。。
ほんとによかった!!!

お腹開けてみたら
赤ちゃんのオマタの所に
赤ちゃんの頭くらいの血腫(血の固まり)があって
自然分娩は厳しかったとのこと。
もうちょっと遅かったら
赤ちゃんの命も危なかったと。。



翌日、助産師さんから
赤ちゃんは呼吸状態が不安定で酸素投与を受けていること
吐血しているので胃洗浄し、管が入っていることを教えてもらった。

やっぱり呼吸器、十分で無かったんだなぁ。
産まれる前から胃潰瘍て
羊水がどんどん減って、どんだけストレスかかってたんやろうなぁ。
飲みたくもない血をたくさん飲んだんだろうなぁ。

申し訳ない気持ちで
潰れそうになる。。



緊急手術は必ず縦に切られる。
筋肉の走行に反して切るから
横より痛いといわれてる。
ちょっと動いただけでも
やっぱりめちゃくちゃ傷口が痛い。
でも、赤ちゃんの方が苦しいはず。
いい勉強や。

車椅子に乗らないと
NICUの赤ちゃんに会えない。
会いたい一心で
傷口パカッて開くんちゃうか?くらいの痛みがあっても
リハビリを頑張る。

飲んでもらえるかどうかわからないけど
おっぱいもせっせと搾ってNICUに届けてもらう。
NICUの看護師さんに
「ママからのメッセージ付きのお乳は初めてです。
メッセージを伝えながらおっぱいあげますね。」
と、おっぱいの蓋に書いたメッセージのお返事をいただく。
有り難うございます。



手足も小さく、ガリガリの私の赤ちゃん。
まだたくさんのチューブに繋がれていた。

十分大きくなるまで守ってあげられなくてごめんね。
痛かったね。
しんどかったね。
ほんとにごめんね。。

私は予定通りに帰れても
赤ちゃんの入院は1ヶ月くらいかかると言われた。



でも、赤ちゃんは脅威のパワーで
私の退院前日にまさかの母児同室。
なんと!奇跡的に一緒に退院できることになった。
これにはほんとに病棟中にビックリされてた。

これも、皆様のおかげさまです。
有り難うございます。



(。。長男坊は
甘えん坊で、いつでも「ママ。ママ。」言ってたのに
一度もぐずってみんなを困らせなかったんだって。
これはほんとにスゴイ!

我慢させちゃってごめんね。。
有り難う。。

1週間以上ぶりに会うときは
こっちが忘れられていないかドキドキで。
向こうも、最初はどう接していいかわかんない感じでいたけど
すぐに元通りになれた。
いっぱい甘えてちょうだい!ぎゅ!ぎゅ!)



退院時、早産の次男坊は
歩くようになるまで定期受診が必要と言われた。


次男坊は産まれてから自分で排便できない。
離乳食が始まって
根菜やヨーグルトをあげてもダメ。
整腸剤を処方してもらってもダメ。
退院してからずっと浣腸で排便してる。
浣腸しても
ウズラ卵ぐらいのかったーい便が最初に出る時に
肛門を切るときがある。

抵抗力が満期産の赤ちゃんより無いので
鵝口瘡といって、口に長い間カビが生えていた。
化学療法後の患者さんによくできる病気。
何でも口に入れるので
全ての物を除菌。
紫色の液体の薬を塗るとデビルのようになる。

浣腸するとき
薬を飲んでもらうとき、塗るとき
やっぱり今でも自分を責める。
でも、受け入れて
今できるコトをやるしかない。。



長男坊がもっと大変だったからか?
ふたりめで余裕があるのか
その2点以外は
お世話がほんとに楽しくて楽しくて。
幸せいっぱい!



でも、こないだの10ヶ月後半での受診時に言われた一言。

歯が生えてくるのも遅いし
まだ、つかまり立ちもできないから
薄々感づいてはいたんだけれど
改めて言われてショックだったなぁ。。

これから先も
彼に何が起こるかわからない。
不安はいっぱい。



次男坊、どうして私を選んでくれたの?

はじめから前途多難で
ほんとごめんね。
何があっても
貴方を受けとめて
私ができること精一杯頑張るからね。
一緒にパパやニイニと楽しんでいこうね。。
[PR]
by hige_miho | 2013-03-31 06:09 | こども