夫・ふたりの倅とモノトーンの家に住んでます。毎日の暮らしをちょっとずつ‥。


by hige_miho

実は凄い場所だったノね。

二日目に泊まった湯の峰温泉は
開湯以来、1800年を超える日本最古の湯の一つ。
今年初めて聞いた、鶯の鳴き声で目が覚めて気分爽快!
「ホー、ホケキョ。」
露天風呂でも堪能できるなんて贅沢過ぎる〜
すっかりアドベンチャーワールドのテーマソングも忘れて‥たのにまた思い出したネ

近くには世界遺産登録されているつぼ湯という奇湯もある。
温泉卵、作ればよかったな〜

d0300064_3363181.jpg


山深い場所に住んでいるから山道は慣れているけど
一歩熊野の山に入ると全然雰囲気違う!すぐわかる!
やっぱり山全体が世界遺産。
熊野の山に入ると感じる、もの凄いオーラ。。

いざ熊野本宮大社へ〜

d0300064_3374417.jpg


ここへ来るまでの道中も
ここも一昨年の台風被害がまだ生々しく残っている。
一日も早い復旧を祈っています。

d0300064_3384876.jpg


d0300064_3394411.jpg



本宮大社から5分と記された大斎原(おおゆのはら)にもお参りに。
現在は2基の石祠が祀られているだけなんだけど
今思えば、熊野三山お参りさせてもらった中で一番居心地良かった!
めちゃくちゃ気持ちいい!

d0300064_3403038.jpg


残念ながら、本宮大社とここは写真がNG。

熊野本宮大社はかつて
熊野川・音無川・岩田川の合流点にある
「大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中洲にあり

当時、約1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台など
現在の数倍の規模!
江戸時代まで中洲への橋がかけられる事はなく
参拝に訪れた人々は歩いて川を渡り
着物の裾を濡らしてから詣でるのがしきたりだった。

音無川の冷たい水で最後の水垢離を行って身を清め
神域に訪れていた。
ところが明治22年(1889年)の8月に起こった大水害が
本宮大社の社殿を呑み込み、社殿の多くが流出したため
水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に移築された。

神が舞い降りたという大斎原。
近年はパワースポットとして多くの人が訪れているとか。
こうやってBlog書かないと改めて調べないし
知らなかった訳だからBlog始めて良かったな♪

ただ。。大斎原は
どこが「本宮大社から5分」やねん!!!っていうくらい、遠かった(泣)。
[PR]
by hige_miho | 2013-03-28 03:50 |